2008年06月20日

感動した人物7回目〜安部修仁(吉野家社長)

以前カンブリヤ宮殿でみた吉野家社長、実はあまり牛丼は
食べませんし、食べても年に数回ほどですが・・・

でも牛肉輸入禁止から牛丼販売休止とした心意気
あくまでも米国産の牛肉にこだわる心意気に注目しておりました。

じつは復活後、食べる回数が増えたのも事実です。
創業当時の味を守り続けることにただただこだわっての心に
打たれてのことかと自分では解釈しております。

長年ヒットし続ける会社には時代の変化に合わせていくタイプと
とことん守り続けるこだわりのタイプがあると思います。

でもこのこだわりは一歩間違うと完全に消えてしまうのではないかと
思えるほどの決断だったと思います。でもその当時を話す姿は本当に
見事なぐらい平常心であり、信念を感じます。

この信念はこれからも受け継がれていくのでしょう。
これからも注目です。

カンブリヤ宮殿のHPから自分が引っかかった名言を
「名言」
迷った時は3年後の自分から今の自分を眺めて判断する
好き嫌いと才能は別。全力でやれば次の世界が見えてくる
posted by yamayama at 00:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

感動した人物6回目〜脳外科医 福島孝徳

神の手を持つ男と呼ばれている
いわずと知れたスーパードクターです。

脳外科の手術で鍵穴小さな穴で短時間で正確に
行う、そこには本当に患者に対する愛を感じます。

顕微鏡を使っての手術、道具の開発など多くの
先駆者でもあります。
また日々方法も発展させていかれる姿
何よりも貪欲かつ、まっすぐさを感じます。

何よりもそこに全身全霊をこめて挑まれる姿
そして自分の技術を惜しみなく若い医師に
伝えようとする結果的には多くの人の命が
救われるものと思います。

実にすばらしいです。神の手を持つ男だけではなく
まさに神様に選ばれたという感じです。

書くときりがないので以下に参考に福島医師のHPアドレス
書いておきます。

http://takafukushima.com/
posted by yamayama at 00:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

感動した人物5回目〜脳外科医 上山博康

先日、テレビを見て再度感動!
最近スーパードクター紹介の番組多いですが
その中でももう一人の福島医師と並んで
私的には本当に感動しております。

何よりもどんな患者からも決して
逃げずにその最後の救いの心に真正面から
応えようとするその姿勢はただただ圧倒されます。

自分に与えられた天賦の才をどうしたらいいかを
はっきりとわかっていきているそんな感がいたします。

まだまだこんな良心的なお医者さんたくさんいるんだと
思います。医者は本来本当に尊い仕事だと思います。
誰にでも出来るというものでは決してないと思います。
そこにはただなりたいだけではなく選ばれている感あります。
技術だけではなく確かな心が大事と思います。

最後に私が心にしみる一言は何かの番組の最後にいわれていた

東大生よ。東大を出て自分の為にその才能を使ってはいけない。
なぜならその才能は神様から与えられたものだから。
それは人の為に何かするために与えられたものだから・・・
posted by yamayama at 09:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

感動した人物名言4回目〜旭山動物園 園長 小菅正夫

今回紹介するのは日本一の動物園旭山動物園の園長さんです。
最近旭山動物園に関する特集番組が増えていますが
その中の番組の一つを見てこの方の本を読んだのが
きっかけです。

この方を中心とした職員の方々の取り組みに感動しました。
『「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト』
という本を読み、実に感動いたしました。
市営での動物園それだけでも制限があるし、またエキノコックスの
事件で閉鎖状態に、でもここから違います。

職員全員で創りたい動物園について話し合い、スケッチを
作成します。職員による動物の説明、一つ一つ革命、前進しながら
今の動物園創り上げられた。本当に感動です。

動物園の中に情熱と誇りと感動が確かにあります。
情熱をもって一つとなって作られたそこに確かな結果が
現われるのですね。気持ちが一つになって進めていくこと
本当に大切ですね。
行動展示という言葉も初めて知りました。

「自分らしさが大切」これをもっとうに突き進まれた
ことただただ感動です。

旭山動物園HP:
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
posted by yamayama at 14:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

感動した人物名言3回目〜技術者杉田秀夫

数年前に見たプロジェクトXの一人を紹介します。
この方、見た目無骨でいかにも技術者という感じですが

実に感動しました。というのもこの方瀬戸大橋を
つくりあげた現場監督というのでしょうか

まず調査には人には命令することなく自分から
まず潜って率先して動く。
住民の反対があれば、分かってくれるまでとことん
執念持って取り組み、住民との間に確かな関係を結んでいく。
その過程実に感動的でした。ただの国の仕事だからと
いばったそんなにおいのしない実にかっこいい仕事ぶりです。

仕事に誇りを持ち、しかし家庭では奥さんががんとなり
誰に知られる事なく看病と子供の世話をこなす。
それはだれも知らないほどのことだったと実に頭が下がります。

この方会ってみたいほど感動しました。
「プロジェクトX 挑戦者たち 未来への総力戦
「男たち 不屈のドラマ 瀬戸大橋」〜世紀の難工事に挑む」です。

二つの名言が印象的です。
「逆境の中でやり遂げる執念が必要です。
 後の世に人に笑われない仕事をしよう」

「私の人生の中での最高の成果は2人の娘を無事に
育てたあげたことです。これはどんな工事にも
くらべられないものです」

誰もが認める技術者であるにもかかわらず、
人生に振り返った時にそのような名言とは・・
本当に心からその深さに感動いたしました。

posted by yamayama at 19:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

感動した人物名言2回目〜映画監督演出家堤幸彦

昨日帰って録画して貰ったプロフェッショナルを見て感動!

実は前から興味あり楽しみにしておりました。
「金田一少年の事件簿」「ケイゾク」「トリック」独特の
映像、ストーリーに目を離すことが出来ないほど
はまっていました。

人物よりも全体の映し方、シーンの独特な組み合わせ
展開にそして随所随所にそこにしかないくせというか
印象が残る心に引っ掛かる何かがあるのです。

しかし、実際独特な世界を貫いているように見えて
「みんながたのしめるものを作りたい」という
ポリシーの下での内容にただただ脱帽です。

最後のプロフェッショナルという問いに対して
「どんな逆境でも楽しめることじゃないですかね。
楽しめる人がプロフェッショナルだと思うし、僕自身も
ずっと楽しみ続けたい。楽しみを見つけたい。
そう思っている。楽しむという事がプロフェッショナルの
基本だと思います」

奥深い内容です。プロの仕事で楽しむその言葉本当に
様々なこと感じさせてもらいました。
楽しめるほどの確かなスキル身につけたいものです。
創造性発揮して役立つものをつくる。
形は違えど作る仕事にかかわっている者として
スキルアップ、成長し続ける学び続ける
追求し続けるもの、最後まで責任持って
誇り持つもの、後悔しない者になっていきたいものです。

ちなみにこれに付随して堤幸彦さんのブログみました。
なかなか力ぬけていて違った意味で面白いです。




posted by yamayama at 14:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

第1回目感動した人物〜漫画家浦沢直樹

歴史上の人物にしようかなど考えましたが、
まずは先日あらためてDVDで見たNHK
プロフェッショナルの中から漫画家の
浦沢直樹さんについて書きたいと思います。

漫画との出会いは数年前でしょうか
何気なく手にとって読んだ「Monster]
その雰囲気と登場人物の絵の雰囲気と
その人の底にもっている実際の性格のギャップ
そして、ストーリー展開のレベルの高さに
引きづりこまれました。
(心の奥かきむしられるような感覚覚えました)

実はこの時点でYAWARAとは一致していず
後でびっくりしました。

プロフェッショナルをみてその意味が少し分かりました。
本当は人間の複雑模様を書きたかったと・・・

そして「Happy」書いているとき、評判がおちても
「良いものであれは最後は読者は理解してくれる」
「質が高く信じてかけば必ず理解される」など
その信念それに加えて傲慢にならず、様々な意見にも
作品を完成させる為には耳を傾け、どん欲に追求するところ
本当にその信念、良い作品を作り出すことへの謙虚さ、どん欲さ
感動いたしました。

未公開シーンではネーム作りの中で何か自分ではない
何かが降りてくるように作るといわれる姿、その道を
極めた人に多く見られる一種神体験的な神秘的な世界
それにも一種に一流ならでは感じられる世界見せていただきました。

私は平凡な者なのででも一つ共感させていただいた言葉
以下に書きます。必ず番組最後に出てくる
「プロフェッショナルは?」という問いに対する言葉です。

「締め切りがあること。そして締め切りまでに最善の努力を
する人のことじゃないかしら」

好きなことを貫く、でもそこには独りよがりではなく
依頼者、提供する責任、ニーズにこたえる責任みたいな物も
そこにはあるそれが仕事ではないかと思います。
あきまでも個人的なかんがえですが・・・

今日もよりステップアップしたプロの仕事目指して
がんばっていくとしましょう!
posted by yamayama at 10:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。