2008年05月14日

感動した人物名言2回目〜映画監督演出家堤幸彦

昨日帰って録画して貰ったプロフェッショナルを見て感動!

実は前から興味あり楽しみにしておりました。
「金田一少年の事件簿」「ケイゾク」「トリック」独特の
映像、ストーリーに目を離すことが出来ないほど
はまっていました。

人物よりも全体の映し方、シーンの独特な組み合わせ
展開にそして随所随所にそこにしかないくせというか
印象が残る心に引っ掛かる何かがあるのです。

しかし、実際独特な世界を貫いているように見えて
「みんながたのしめるものを作りたい」という
ポリシーの下での内容にただただ脱帽です。

最後のプロフェッショナルという問いに対して
「どんな逆境でも楽しめることじゃないですかね。
楽しめる人がプロフェッショナルだと思うし、僕自身も
ずっと楽しみ続けたい。楽しみを見つけたい。
そう思っている。楽しむという事がプロフェッショナルの
基本だと思います」

奥深い内容です。プロの仕事で楽しむその言葉本当に
様々なこと感じさせてもらいました。
楽しめるほどの確かなスキル身につけたいものです。
創造性発揮して役立つものをつくる。
形は違えど作る仕事にかかわっている者として
スキルアップ、成長し続ける学び続ける
追求し続けるもの、最後まで責任持って
誇り持つもの、後悔しない者になっていきたいものです。

ちなみにこれに付随して堤幸彦さんのブログみました。
なかなか力ぬけていて違った意味で面白いです。




posted by yamayama at 14:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。