2008年06月30日

このキャッチフレーズにはやられました

Image157.jpg地下鉄駅で見かけたこのキャッチフレーズ
河合塾のフレーズ

君はいま、
「どこまで行けるか」を
試すこともできるし、
試さずに過ごすこともできる。

いやあ、なかなか来ています。
前の第一志望はゆずれない世代としては忘れられない
ものですが、今回のもなかなか

思わずポスター相手に自問自答してしまいました。
考えていみれば受験生ではない自分(あたりまえ)
でも将来考えてみたくなるそんなフレーズです。

どこまでも成長し続けたいそんな好奇心、意欲
持ち続けたいものです。
posted by yamayama at 22:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国帰国記〜韓国の方は親切です。でも熱いです3

地下鉄に乗り、私達は降りる駅名のハングル文字の紙を持っていました。電車の中はお年寄りに席を譲る人、韓国ではよくあるのですが、
駅から駅を渡り歩いている物売り、この時は歯ブラシを売っていました。又様々戦争犠牲者、身体障害などの寄付をお願いする人々が
車両内を歩いている風景、少し違えど日本の地下鉄を乗っている時の
まあまあ静かな風景、但し車内で寝ている人や漫画を読んでいる人は
いません。
しかし、この静寂さが一瞬で終わってしまう事が・・・

友人が目的地降りる駅の書かれたメモを確認の為、又今私達はどこでしょうという感じできた瞬間に変わりました。
日本なら今ここで、あと二駅ですなど一対一の会話で終わると思います。しかし、ここから熱いです。
韓国人が一人二人と増えてきます。その上その輪がどんどん広がり
車内中が私達が降りるときまで全員が様々話しかけてきます。
わかりません。何を言っているのか。その内向こうもわかったのか
ジェスチャーが始まります。
車内中で教えて下さいます。先ほどの静寂な雰囲気は全くありません。
大きな声とジェスチャーが飛び交い、今ここだと一駅一駅カウントダウンです。車内中は私達が無事に降りれるか大注目です。
はずかしいです。はやくついてくれという感じです。
駅に着き、そこでここだよと降りると車内中笑顔、変な達成感あります。
みんなに手を振り、私達は何者、どこかの要人かあつかいです。
本当にあそこまで熱く親切にしてくれるなんて本当に感謝感謝です。

ちなみに何人か自分が降りるわけではないのに一緒に降りてくださいました。ここまで親身になってくれた事後にも先にもありません。
全くな何も知らない私達にそこまでしていただきありがとうございました。実はこのようなエピソードは幾つかあるのです。
そこから違う国民性を発見できます。


posted by yamayama at 14:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

韓国帰国記〜韓国の方は実に親切です。でも熱いです2

先ほどの続き、私達グループは警察で道を聞き、
いざ目的地へ出発・・・

実はこの時私達はハングルが読めません。
行く先々で駅の文字を見せ、確認しながら一歩一歩です。

実はガイドにあまり頼らずにどこまでいけるかの冒険の感ありました。
地下鉄で待っていると初老の老人が日本語で「君達は日本人かい?」と
いわれ、笑顔のおじいさんにどこまで行くのか答え、
答えると何と逆の方向に乗ろうとしている自分に気づき
ほっとした次第です。

あとあと韓国の友人に聞くとその年の方が日本語を使うということは
本当は実に悲しい思いがあるので珍しいとのこと、私達を
思ってあえて使ってくださったことに感謝!感謝!感謝!
無事に地下鉄に乗れました。

まだまだ旅は続きます(続き)

posted by yamayama at 12:56| ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国帰国記〜韓国の方は実に親切です。でも熱いです・・・(その1)

韓国の方の気質の違いをまざまざと感じたある出来事を
一つ紹介します。
実は前に韓国に訪れたとき、今思えば本当に危なく無茶ですが
韓国語は出来なくても英語さえあればある程度大丈夫と勝手に
思った我々グループは無謀にガイド片手に地下鉄で目的地に
いくべく出発したのです。

でもどの交通機関を使うのかも聞かず、出発(ここですでに無茶)
ある方が警察署に聞けば分かるのではと思い、大きな警察署に
そこで第一のトラブル、大騒ぎが
日本人が突然、道を韓国語ではなく、日本語と英語で聞こうと
するからその場は大大混乱、話しかけても自分は英語はわからないと
困った表情の面々

なぜかそのうちに絶対私達に道を教えようと熱い雰囲気が生まれ
探して探して英語の分かる警官職員が登場!

そこでやっと通じまずは目的地に行く地下鉄の場所、降りる場所が
正確にわかったつもりでした。
その親切さには事務的を越えて感動しました。

でもこの一連の出来事は個々では決して終わりません(続く)
posted by yamayama at 09:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

韓国帰国記〜韓国では当たり前でも日本では・・・

最近は恐ろしいもので韓国に行けば、そこの習慣に
日本にいれば戻ります。

その一つは器を置いたまま食べる事、日本では必ず器は
もって食べますよね。侵略が多いかった過去の中で
逃げやすくするためとか聞いたことがあります。

ですから女性は立てひざをついて座るのもこの内容に
通じる、チマチョゴリも人を隠す為とか文化の違いを
でもそこにいると不思議と失礼とは思わなくなる
順応性面白いです。
posted by yamayama at 23:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめソフト9回目

本日はこの期間何かと情報の整理に伴い
活用した二本のソフトを紹介します。
今回はいつもと趣を変えてフリーではありません。

1.読取ワールド・マルチリンガル(OCRソフト)
書籍などをスキャンしてテキスト化するソフトです。
今回は韓国語に対応する為活用してみました。
なかなかの認識率本当に役立ちました。
テキスト化したものを翻訳ソフトに書けると
完璧ではありませんが意味が少し分かります。
向こうで進められた記事、ニュースなど
情報整理に役立ちました。ちなみにOCRソフト
少なくなってきていますね。生き残ったというか
勝ち残った感感じました。
http://www.crosslanguage.co.jp/products/ocrv2/

2.デジカメde!!同時プリント9(ホームDPEソフト)
写真整理には数年前からこのソフト利用しております。
様々なソフトありますがこれは自分には操作感覚など
あっている様に思い、取り込み、調整などシーン別の
調整、フォルダの分け具合、印刷のバリエーション
なかなか合っています。またこのデータを下に
スライドショー、動画を作成できるムービーシアターの
同じ会社であり、簡単な記録動画作れるのでおすすめです。

http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/050806/n0508062.html
posted by yamayama at 09:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ書籍8回目〜壁をブチ破る天才100の言葉

今日紹介する書籍は韓国の旅前に友人にプレゼントされた
(書店ではなく雑貨屋で買ったとか)この本、自己啓発的に
捉えがちですが、私自身人間が好きなせいもあり、
その道を極めた人が放つ一言にはどこか
究極の美学があると考えております。
そこにはその言葉はこの人からしか出ないと思わせる
すごさと深みがあると思います。

<書籍名>
壁をブチ破る天才100の言葉 (単行本)
山口 智司 (著)
出版社: 彩図社 (2008/03)
価格: ¥ 1,260 (税込)

<本の紹介欄から>
「危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ」
―岡本太郎―
「勇気とは、窮しても品位を失わないことだ」
―ヘミングウェイ―
「届かないパットは絶対にカップインしない」
―タイガー・ウッズ―
「いまだ木鶏たり得ず」
―双葉山定次―
「自分の手で書いているのではないという感じがある」
―ニーチェ―
「大統領よりもいい仕事をした」
―ベーブ・ルース―
アインシュタイン、ダヴィンチ、岡本太郎、モーツアルト、野口英世、ミケランジェロ、ブルネレスキ、リンドバーグ、エジソン、織田信長、ロバート・キャパ、ピカソ、手塚治虫など、人生のひらめきと輝きをもたらす天才たちの100の言葉!
posted by yamayama at 09:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ書籍・コミック・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国帰国記2〜韓国では見慣れた景色ですが・・・

Image147.jpgこの写真の看板はいわゆるノレパン、日本で言うと
ノレは歌、パンは部屋なのでカラオケボックスです。

ちなみに多いです。その他多いのがPCパン、インターネットカフェ
1時間で250円ぐらいでしょうか、短いと安くしてくれます。
臨機応変というかアバウトおおらかな国です。

しかしよくある光景、それは夜になるとあっちこっちに
光り輝く真っ赤なネオンこれは本当にすさまじく多い
よくよく見ると赤いネオンの十字架が光り輝いています。
そうです。キリスト教会は夜になると屋根の上は真っ赤に
光り輝きます。不思議と派に関係なく全部が同じ色形の
十字架が光っています。これは日本では見れません。
文化の違いで興味深いです。

posted by yamayama at 08:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国帰国記1〜日本のものが溶け込んでいます

Image144.jpgImage140.jpg

先日韓国に仕事と観光で行って参りました。
帰ってきた後の巻き返しがなかなかうまくいかず
ブログ更新できずにいました。

今日は韓国の名所を紹介するのはよくあるので
違う観点で、韓国のお菓子やジュースには
日本にあるもの、また日本のキャラクターが
多くあります。

ちなみに、クレヨンしんちゃんのお菓子、
飲み物でおなじみのQOOほぼそのままで
売られています。

ちなみにフルーツ物のジュースの場合
韓国の方が味が濃いです。

お菓子にはハングルでしんちゃんと書かれています。
この辺から面白いです。

posted by yamayama at 08:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

おすすめソフト8回目

このソフト一度使っていましたが不具合があったが
一度使用禁止となりましたが、改善され再びランキングにも
登場しております。個人的にもBIGMAILなどでフォルダなどを
1つのファイルにして送る場合、重宝しております。

(1)Lhaplus
外部 DLL 不要で解凍(デコード) 22 形式,圧縮(エンコード) 13 形式に対応した新鋭総合アーカイバ

- 多数のアーカイブ形式の解凍,圧縮を行うことができます.圧縮や解凍に,別途DLL をダウンロードしてくる必要はありません.
- コンテキスト(右クリック)メニューから簡単に圧縮,解凍の操作が行えます.
- Lhasa と同じ操作でも使用でき,アーカイブをドラッグアンドドロップしたり,ダブルクリックするだけで解凍できます.
- 拡張子に関係なく,アーカイブ形式を自動的に判別して解凍を行います.自己解凍書庫や,添付ファイルを含んだメール(MIME) も,アーカイブと同じように展開することができます.
- 一時的に設定を変更して圧縮や解凍を行うテンポラリモードがあります.
- 解凍時に,ディレクトリなしのアーカイブの場合は自動的にディレクトリを作成し,ディレクトリ付きのアーカイブの場合はディレクトリを二重に作成しないように設定できます.
- ディレクトリ内に含まれるすべてのファイルをまとめて解凍したり,圧縮したりできます.
- アーカイブ内にさらにアーカイブが含まれていた場合,自動的にそのアーカイブも解凍することができます.
- 以前の関連付け情報を保存するため,安心して関連付けを変更できます.
- パスワードの設定された ZIP 形式,BlackHole 形式で圧縮できます.
- その他,圧縮や解凍の処理を非常に細かく設定できます.


http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se169348.html



posted by yamayama at 00:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何気なくかたづけてはいけないような

Image136.jpg仕事の帰り、さあ電車に乗ろうとしていると
深夜だからこそこのような場面に出くわしました。

駅のホーム下での蛍光灯代え大掛かりです。
でもあれだけ着いていれば特別なものであったとしても
電球は切れます。消耗品です。

このように支えてくださる方がいるのですね。
ご苦労様です。

実はあたりまえ、何気ないところには目に見えず、
気づかず、支えられているような気がします。

これは見ないとなかなか気づきません。でも
本当にありがとうございます。
体にはくれぐれも気をつけてください。
これからはもっともっと感謝いたします。
posted by yamayama at 00:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は今日から韓国に旅立つのです

仕事観光で本日韓国に旅立ちます。
それによりここ数日、準備といない間の埋めの仕事に
終われ、まとめ投稿となっております。

今回は仕事の合間にどのような新しい発見があるか
今から楽しみにしております。

文化、食べ物、人とのかかわりどれも毎回刺激的であり
必ず発見があります。
もっともっと語学が堪能であったらと帰りは強く決意して
帰ってきます。今回はどのくらい成長したか実地訓練です。

さあ出発だ。
posted by yamayama at 00:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ書籍7回目〜 なぜ偉人たちは教科書から消えたのか

今日紹介する書籍は「なぜ偉人たちは教科書から消えたのか」です。
作者は河合敦さんです。最初であったのは世界一受けたい授業での
コーナーでした。確か強烈に感じたのが足利尊氏の肖像画教科書では
当然との絵が浮きますが、実は違っていたなどなかなか衝撃的でした。

教科書も30年たつとかわっている。そんなこと昔のことは
普遍なものとの常識が自分の中にばっちりと根付いていたと
いうかこびりついていたというか恐ろしくなりました。
いつも新鮮な前向き意識を持つようにしなければと感じた次第です。

そこからこの先生の本読むようになりました。
その中でもこの本なかなかは入りには良いと思うので
おすすめします。
下に本の紹介、また人物だけではなく遺跡、時代の文化に
ついてかかれたものこれも面白いです。

紹介
みなさんは、日本史の教科書から偉人たちの肖像画が消えつつあることをご存じでしょうか。超有名な歴史上の人物たちの肖像が、じつは本人ではなかったという驚くべき事態が、現実に起こってきているのです。たとえば、鎌倉幕府を創設した源頼朝。現在は、ほとんどの教科書からこの頼朝の肖像画は消えてしまいました。「あの源頼朝の肖像画が、頼朝ではなかった」というのは、きっとみなさんも驚かれたことと思います。そうした疑惑の肖像画は、頼朝だけではないのです。あの聖徳太子も、足利尊氏も、武田信玄も、西郷隆盛も、じつは……


posted by yamayama at 00:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ書籍・コミック・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感動した人物7回目〜安部修仁(吉野家社長)

以前カンブリヤ宮殿でみた吉野家社長、実はあまり牛丼は
食べませんし、食べても年に数回ほどですが・・・

でも牛肉輸入禁止から牛丼販売休止とした心意気
あくまでも米国産の牛肉にこだわる心意気に注目しておりました。

じつは復活後、食べる回数が増えたのも事実です。
創業当時の味を守り続けることにただただこだわっての心に
打たれてのことかと自分では解釈しております。

長年ヒットし続ける会社には時代の変化に合わせていくタイプと
とことん守り続けるこだわりのタイプがあると思います。

でもこのこだわりは一歩間違うと完全に消えてしまうのではないかと
思えるほどの決断だったと思います。でもその当時を話す姿は本当に
見事なぐらい平常心であり、信念を感じます。

この信念はこれからも受け継がれていくのでしょう。
これからも注目です。

カンブリヤ宮殿のHPから自分が引っかかった名言を
「名言」
迷った時は3年後の自分から今の自分を眺めて判断する
好き嫌いと才能は別。全力でやれば次の世界が見えてくる
posted by yamayama at 00:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動した人物・名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

今当たり前なのが不思議です〜プルタブに思う

Image135.jpg今は当たり前になった缶ジュースの
プルタブこんな形ではありませんでした。

切り離されたものが当たり前で環境に悪いとか
でも経費がかかるとかいいながら、確かに
昔の場合はけがしたり、それだけがごみになっていて
動物がけがしたり、でも今のように変われるのかと
思っていたら、いつのまにか当たり前になっています。

人の意識とは本当は難しいと決めてしまったら
何も出来ないように思います。

いい方向に変われる、変わりたい。
正しいほうが気持ちがいいです。

でもそんな積み重ね大事かもしれません。
ふと缶ジュースを見て思いめぐらしました。

posted by yamayama at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

遅ればせながらCHANGEはやはりおもしろい

遅ればせながら妻が録画してくれていた
CHANGEみてみました。

あなたなら見入ってしまうよと見事に妻の言うとおり。
大好きな展開、一人の信念に輪が広がり、出来ない事を
一つ一つ越えていずれは大きな波となり今までの
既成概念が変わり、人間としての本来の大切なものを
発見できる。そんな展開。前回のHERO同様の感ありますが
何度みてもいいものはいいし、引っ掛かるものは引っ掛かります。

波紋の中心それが誰もが出来ないと思っても出来ると信じる
中心にいたい夢が誰しもあるような気になります。

みんなが幸せになれる共通項みたいなドラマみんなが
求めているような気がします。

posted by yamayama at 19:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

セヴァン・スズキが日本を縦断!「アースキャラバン2008」に思う

この記事を見つける前に伝説のスピーチを以前ダウンロードして
いたのでそれで再び大人として考えさせられ、それでいて
この伝説のスピーチをしたカナダのセヴァン・カリス=スズキさん
はその活動を今でも続けている事に本当に感動いたしました。
その方は今洞爺に向かってきています。無事でそれでいて
その輪が広がりますように。
以下にニュース内容と心にしみた伝説のスピーチの一部を・・・

<ニュース内容一部>
http://mottainai-lab.jp/wakuwaku/2008/05/000392.php

4月5日(土)にスタートを切った沖縄県西表島から目指す最終地点は、なんと洞爺湖サミットが開催される北海道! サミット直前の6月28日(土)に到着予定だ。南から北まで4000キロの道のりには家庭の廃食油から精製するバイオディーゼルを燃料とするエコカーを使用。全国をリレー形式で移動する。「地球レベルの問題は、地元レベルの問題であり、一人ひとりの身近な行動が重要だと子供たちに伝えていきたい」と語ってくれたのは、グローバルリーダーを務めるセヴァン・カリス=スズキさん。セヴァンさんは、12歳にしてリオデジャネイロで行なわれた地球サミットであの「伝説のスピーチ」を行った人だ。現在はカナダの環境活動家として活躍している。また、日本のローカルリーダーには、14歳で単独ヨット太平洋横断を成し遂げた、冒険家・環境教育家の高橋素晴(すばる)さんが参加する。

<12歳リオでの伝説のスピーチ一部>

http://jp.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg

今日の私の話には、ウラもオモテもありません。
なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。
自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。
国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。
たとえば、
争いをしないこと
話しあいで解決すること
他人を尊重すること
ちらかしたら自分でかたずけること
ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
分かちあうことそして欲ばらないこと
ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。
なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。
それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。
あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。
あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。
しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。

おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。
しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。
あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。
もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。


posted by yamayama at 19:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先日高速を乗っていると率直に感じました〜ガソリン値上げに思う

先日函館から帰る折、夜遅くなり次の日も朝早い
仕事につき、高速にのって率直に感じました。
やはり、ガソリン値上げは直撃です。
本当に車がいません。八雲から札幌まで7台ぐらいしか
結局あいませんでした。そのうち3台はトラックでした。
本当にびっくりです。
ちなみに札幌だと軽油149円でしたが、函館では146円
ほとんど変わりません。とにかく半分の感覚70円台だという
思いが残っています。

車のハイブリッドなどへの移行改造が早いのか
車を使わなくなるのが早いのか、新幹線札幌から東京まで
3時間57分これも一つの選択肢に入りそうですね。

それにしても車使っての遠出もなかなか難しいご時勢だと
重く重く感じた次第です。
posted by yamayama at 19:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がハングルを勉強しようと思った理由

カテゴリーを作りながらなかなか書き出していませんでした。
今回、ハングル検定まずは3級を目指して勉強中です。

今日は勉強しようとしたきっかけをそれは日本語も英語も同様
言葉は本当に人と付き合う場合に大事だと思うことが
多くありました。最後は言葉のニュアンスが本当に大事と
思うのです。
私の周りは本当に国際色豊かです。英語圏その中に当然韓国の
友人もいます。日本語がうまくても本当に文化を理解するには
食べ物、言葉それもなんでもない場面での微妙な部分を理解できるか
それによって相手が言っていることの真意がつかめるように思います。

それがまじめな部分でもう一つは韓国ドラマ映画を
そのまま字幕なしでみたい、感じたいというものです。
言葉が分かれば情が感じられるし、最初は映画以外の
最初のドラマは「冬のソナタ」チェジウの顔からは
想像できない低い声に全体的には本当に女優の声が
日本に比べて低い声がおもしろく興味深くそこに文化を
感じました。

あとは食べ物ビビンバなど個人的には混ぜる感覚
ありませんでしたし、テンジャン(韓国の味噌汁)にご飯を
つけて食べるおいしさを知りました。日本で味噌汁につける
俗にいう猫まんまとは全然違うもの感じ、料理食べ物歴史も
おもしろいと感じたからです。
仕事などでも韓国には年数回行く機会があるので
それも大きなきっかけとなっています。
次は今このテキストにしようと決めた幾つか紹介します。
ちなみにハングル講座iPodに入れて聞いています。
posted by yamayama at 19:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ!ハングル検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近活用している仕事法6

最近手帳代わりに使っているノート
主に100円ショップのもの使っていますが
サイズとして落ち着いてきているのがA5版です。

段々小さくなり以前はB5が最小かなと
使い勝手で決めていましたが、この度
新たなるサイズA5で枚数の多いものが定番となっています。
当然資料もクリアーファイル的なものもA5版になってきました。
これだと小型でA4半分にしてみているとわざわざ広がらなくても
電車の中でもしっかりと読めて重宝しております。

最初はどうかと思いつつ慣れてくるとコンパクトにまとまって
又頭の中でも書くのはシンプルにそれでいて要点のエキス中の
エキスを書くとめる感覚が鍛えられていて余計な情報を
削ぐのにかえって大事な事、本質が見えてくるように
思われます。一度お試しを!

posted by yamayama at 18:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。